ペットも肝臓病にかかる|おかしいと思ったら即動物病院へ

肝硬変の症状

キャット

病気の症状を知ることが、病気を防ぐ鍵になります。肝硬変の症状を勉強しておけば、ペットの肝臓病対策にもいくらか役に立つでしょう。ペットと長く暮らしていくには肝臓病の予防が不可欠になります。
犬の病気でも肝臓病は特に危険な病気の一つです。病気が進行して肝硬変になってしまうと、治療で治すことはほぼ不可能となってしまいます。肝硬変は肝臓病によって、肝臓に慢性的な炎症が起こることで発症します。炎症が起こると、繊維組織が増えていき肝臓が固く変質してしまうのですが、こうなってしまっては肝臓は本来の機能を維持することができなくなるでしょう。その為、身体に様々な悪い影響が起こり遂には死んでしまうのです。犬などのペットや人間にとっても肝臓はとても大切な臓器です。解毒やビタミンなどの生成から、炭水化物や脂質などの分解も行います。さらに消化酵素の生成など、身体になくてはならない臓器なのです。
ペットが肝臓病に罹り、肝硬変になってしまった時の主な症状としては急に元気がなくなってしまい、食欲がなくなります。日に日に痩せていき黄疸などが出るようになるでしょう。ここまでくると後は死を待つのみという状態といっても過言ではありません。定期的な健康診断を受けさせることで肝臓病の早期発見ができますし、少しでも異常があるようならすぐに医師に診てもらうことが大切です。肝硬変はとても恐ろしい病気です。できるだけ早い段階で病気を発見できるように、ペットの様子の変化には気を付けておくことが必要でしょう。