ペットも肝臓病にかかる|おかしいと思ったら即動物病院へ

原因となる病気

聴診器

犬の病気として有名なのが肝臓病です。特に肝硬変になってしまうと、完治するのは難しいでしょう。しかし、ペットと言っても人間と同様病気に罹るのはあまり知られていません。そこで今回は、肝硬変になってしまう原因となる病気についてお教えしていきます。これからお教えする病気に罹ったら早期に治療することで肝硬変のリスクは減らせるでしょう。
人間もペットの犬も、肝臓病に罹ってしまうとたいへんです。肝臓病に罹ると肝臓の細胞は次々と破壊されていき、肝臓はこれを修復しようとします。しかし、修復が追いつかないと破壊された細胞は繊維状の組織となって固まります。最終的には肝硬変という状態になり、これは肝臓病が末期の状態ということを意味します。
ペットの犬が肝硬変になるには、原因となる病気がいくつかあります。基本的には胆管結石に罹り胆汁が停滞することで犬糸状虫症を併発してしまい循環器不全になってしまうことが肝硬変の原因になると言われています。ですが、最も大きな要因は慢性的な肝炎によるものです。肝炎になった段階では、治療して完治することも可能ですが、そのままにしておくと肝硬変になり完治するのは絶望的な状態になります。また、特発性肝線維症といっていきなり原因不明のまま病気に罹り、肝硬変になってしまうこともあるのです。基本的には肝臓に異変が合った段階で治療しておけばなんとかなることも多いです。肝臓病に罹っても、初期の段階で治療しておくことが重要になってくるので肝硬変の原因となる病気が疑われたらすぐに治療を行いましょう。